実印の素材はよく吟味してから選ぶ

素材で変わる実印の平均相場

大人になれば誰もが必ず必要となるのが印鑑です。特に、市役所の公文書など各種手続きに使う実印は、日本社会で生活するうえで重要な役割を担っていると言えるでしょう。最近では実印を一から作ってくれる印鑑専門業が増えて来ています。
インターネットの普及により、印鑑自体の注文依頼が簡単になった事もある事から、各種印鑑作成業者それぞれのネット販売サイトを確認する事ができるでしょう。気になる実印の値段ですが、これに関しては使われている素材で大きく変わってきます。すべての素材を総合したうえでの平均相場であれば、おおよそ男女共に10,000円前後くらいと認識しておいて間違いはありません。
最高級の象牙製実印は値段も非常に高くなりますが、木製の実印であれば5,000円前後というお手頃値段で作成可能となります。印鑑に使う素材それぞれで使いやすさや耐久性が変わってきますので、一から業者に実印作成を依頼する際は、素材ごとの特性についてよく調べておくと良いでしょう。
一度作ってしまえば一生使う事も普通ですので、実印作成に使用する素材はよく吟味してから選択するようにして下さい。人気印鑑業者であれば、加工できる素材もバラエティに富んでいるので、幅広いものから選ぶ事ができるでしょう。

結婚したら実印はいる?

銀行やクレジットカードを発行する場合においても、今は100円ショップでも売っているようなかんたんな印鑑で用が足すようになりました。ですが、結婚してから車を買うときや、さらに自宅を購入するとなると100円ショップの物では通用してくれません。ここで初めて「実印をつくろうか?」という話になる人が多いと思います。実際、実印とは何かと言うと、その家の一番大事な印鑑であり、一番効力の強いものとなります。我が家の場合は、印鑑になる本体は、実は持っていたのです。
実家の父が中国に旅行に行った際にその石を買って持って帰ってきたのをもらったからです。中国の物だけあって、とても重くて日本の印鑑ケースにはみ出そうな大きさでした。そして、金額は2万円くらいだということです。中国でも漢字をメモして渡すことによって、その場で名前を彫って作ってくれるとのことですが、その判のデザインがとても中国の漢字らしくてなかなか難しい字になってしまうので、日本に戻ってきてからお店にいきました。自体も自分の好みの自体を選ぶことができます。が、その場で字を入れれば2万円のものが、彫るお金もかかってしまい、さらに磨いてもらったので1万円近くかかってしまいました。