理想的な実印を作るには

実印の購入にはネット通販がおすすめ

結婚や独立を機に実印を作成する方も多いでしょう。しかし、実印を実店舗で作成した場合、素材によっては数万円もかかる場合もあります。実印は一生使うものだからといっても、そのために高額な費用を支払うのは簡単なことではありません。
そこで、そうした実印の作成におすすめしたいのが印鑑の通販サイトです。印鑑の通販サイトは、実店舗とは違って経費を安く抑えることが出来るため、その分安い値段で販売しています。通販サイトによって値段に違いはありますが、実印に定番の素材である牛角でも6千円前後で購入することが出来ます。実店舗で牛角の実印を作成すると1万円を超えるところがほとんどですので、こうした値段の安さはまさにネット通販ならではの魅力と言えるでしょう。
そして、牛角と同じく実印の定番となっている黒壇や楓の場合は、3千円から4千円というさらにリーズナブルな値段で実印を手にすることが出来ます。もちろん、値段の安さは質にはまったく関係ありません。実店舗で作る場合と同等の質の実印を入手することが出来ます。
印鑑のネット通販を利用すれば、このように実店舗よりもずっと安い値段で実印を作成できますので、実印の購入にはネット通販をおすすめします。

印鑑素材それぞれの具体的な費用

製作業者に実印作成を依頼した際、どんな素材で作るのかを選んでいく事となります。そして素材のグレードによって最終的な作成値段は大幅に変わってきますので、素材それぞれの一般的な値段について知っておく事が大切と言えるでしょう。
実印の径は決まっていますので、作成にかかる値段相場というのはある程度決まっています。とは言え、同じ木材でも業者によっては他より品質の高い部分を使用するケースもあるので、必ず料金表には目を通しておきましょう。
複数の印鑑製作会社の平均から割り出した相場費用は、象牙が20,000円前後、人気のチタンが15,000前後、楓や彩樺など木製であれば5,000~7,000円くらいとなっています。一部で人気のある黒水牛は7,000くらいで、美しい琥珀製の実印などは15,000程あれば作成依頼する事ができるでしょう。
もちろん単純に素材が高級であれば良い実印を作ってもらえるわけではありません。素材の質ももちろんですが、名前を彫る印鑑製作会社の技術やサービス面というのも考慮しておきましょう。利用者満足度の高い作成業者であれば、インターネットでの評価も自ずと高評価となっているものです。実際の完成サンプル画像などを参考に、理想的な実印を作ってくれる優良印鑑業者を選んでみるようにして下さい。