色々な販売店をチェックしよう

実印の値段は質によって違う

子どもができて親になったり特別な契約をしなければいけないときは、実印を必要とすることがあります。実印は大事な印鑑ですので、丁重に扱わなければなりません。そして、実印を持つならできるだけ品質の良い実印にしたほうが、持っていて恥ずかしくないです。
品質の良い実印は、当然ですが値段が高くなります。実印は他の印鑑と比べて値段が割高ですが、それは印鑑の最終的な仕上げに差があるからです。シャチハタや認印はコスパ重視でものによっては安かったりしますが、本格的な実印となるワンランク上の値段になります。中には5千円を超えるような実印もありますが、それは素材や仕上げにこだわっているからに他なりません。
実印と言えども最低限持っていればそれで構わないという人もいるでしょうから、その場合は値段のあまり高くない実印を買うのが正解です。その反対に一生ものになるだろうからそれなりの質でないと満足できないという人は、値段が高い実印を買う方が納得できます。実印の値段は各販売店によって大きく開きがありますので、まずはいろいろな販売店をチェックしてから決めても遅くはありません。実印が必要になるケースは決して多くはありませんが、あらかじめ用意しておけば準備万端です。

実印のネット通販での値段相場について

住民登録している市区町村で登録申請し受理された印鑑の事を実印と言い、この実印は契約や取引などで自分自身の証明や自分の意思を証明する印鑑の中で最も重要な物です。その為偽造などを防ぐためにも安くで売っているような大量製品された既製品やゴム印のものなどは実印として登録できない様になっています。一生ものでもありますので実印を作成する際は耐久性や素材などにしっかりこだわることをオススメします。
気になるのは値段だと思いますが、ネット通販で購入すると比較的安く済ませる事が出来ます。実印の素材でオススメで値段の相場として、高級感のある黒水牛で価格は4,500円~、価格が手ごろなのは薩摩本柘のもので3,500円~、劣化の心配がなく丈夫なチタン製のもので12,000円~となっています。
大切な物ですのでケース付きで購入る事もできます。ネットだと素材が豊富で書体も5種類ほどから選ぶことが出来ます。サイズも男性と女性ではオススメのサイズが違い男性の方が少し太めとなっています。
店舗で購入すると出来上がるまで待ったり後日取りに行くなどと手間がかかりますので、最近では印鑑はネットで購入する事の方が便利で安くて早いというメリットがあります。
実印はとても大切なものになりますのでしっかりこだわって尚且つコストを抑える為にもネット購入をオススメします。