材質やデザインによって千差万別の実印

実印についてや材質の相場

実印とは住民票を登録している市区町村で登録手続きをした印鑑の事で、法的な効力を持ち個人を証明するための印鑑の中で最も重要なものになります。同じ印影のものになると偽造などの悪用されることになりますので100円で売っているような大量生産されている印鑑は実印として登録できません。
そこで実印を作成するのにオススメなのはネット通販です。印鑑の専門店でも作ることができますが、1からの彫刻になりますのでので終えるまで待つか後日取りに行くことになり手間となります。それにくらべネット通販は材質やサイズ、書体などを選ぶだけで済みますので忙しい方でも楽に作ることができます。
素材も種類が豊富でやはり一生モノですので丈夫なものにする事をお勧めします。チタン素材は価格は12,000万円以上と少し高価になりますが劣化の心配もなく、汚れた時は水洗いが可能なので衛生的にもいいです。なるべく低価格がいいのであれば薩摩本柘のものだと3,500円ほど、低価格で見た目も少しこだわりたいのであれば重厚感のある黒水牛だと4,500円ほどで購入することが出来ます。
実印はとても大切なものになりますので保存の為にケース付きでの購入がお勧めです。必ず必要になる大切な印鑑ですので材質や書体などしっかりこだわるようにしましょう。

お気に入りの実印を持っておけば安心

日常生活の中でそれほど多いわけではありませんが、実印を押印しなければいけないことがたまにあります。特に契約書関係は、場合によっては実印の押印が必須です。例えば賃貸契約時の保証人欄に、実印を押印しなければいけない場合があります。ですので、実印を所有していなといざというとき困ります。では、実印はどこで買えるのでしょうか、また値段はどれぐらいが一般的なのでしょうか?
印鑑専門店に足を運べば確実かもしれませんが、印鑑専門店が近所にあるとは限りません。そんなときは、印鑑作成可能なサイトを利用するのがオーソドックスです。印鑑作成可能なサイトでは、さまざまなタイプの中からお気に入りの実印を選択できます。実印といっても幅広いですが、高級感があってしっかりした材質の印鑑を実印にするのが適しています。
また、実印の値段ですが、材質やデザインによって千差万別です。数千円ぐらいが相場ですが、それより高い実印を作成することもできます。もしも日常生活の中で人より実印を押印する機会が多いなら、それなりに値段の高い実印を作成しても決してもったいなくはないです。実印はコロコロ変えるものではありませんし、最高の一品を実印として持っておけば安心です。